当院の矯正治療について|東京都豊島区南池袋で矯正歯科を行なう歯医者 池袋まるやま矯正歯科

当院の矯正治療について|東京都豊島区南池袋で矯正歯科を行なう歯医者 池袋まるやま矯正歯科

初診専用フリーダイヤル0120-50-8241 TEL 03-5927-8241
03-5927-8241
カウンセリング TEL MENU

Orthodontic 当院の矯正治療について

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科では、「不正咬合」とよばれる歯列の乱れや噛み合わせのズレなどを、矯正装置を使って正常な状態に改善していきます。
矯正治療によって不正咬合を改善すると、口元の見た目のコンプレックスを解消できるだけでなく、「噛み切る・噛み砕く」といった歯としての役割を正常に果たせるようになります。また、お子さまの場合、適切な時期に成長を利用した矯正治療行なうことで、お顔の骨格をよりバランスのよい状態に整えることができます。
以下のような不正咬合が気になる場合は、ぜひ矯正治療をご検討ください。

不正咬合の種類

  • 叢生
    (乱ぐい歯)
    隣の歯と重なるなどして歯列がデコボコとして乱れている状態。
  • 上顎前突
    (出っ歯)
    上の歯が下の歯より著しく突出している状態。
  • 空隙歯列
    (すきっ歯)
    歯と歯の間にすき間がある状態。
  • 開咬前歯が噛み合わない状態。
  • 過蓋咬合前歯の噛み合わせが深く、下の歯が上の歯に隠れて見えない状態。
  • 反対咬合
    (受け口)
    下の歯が上の歯よりも前に出ている状態。

不正咬合のままでいると

不正咬合を放置すると、見た目がよくないだけでなく、
以下のような弊害が生じる場合があります。

不正咬合のままでいると

虫歯や歯周病になりやすい

歯と歯が重なっているような歯並びの場合、歯に歯垢がたまりやすいだけでなく、歯磨きもしにくいため、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります。

虫歯や歯周病になりやすい

胃腸に負担をかける

噛み合わせが悪いと、食べ物を充分に噛むことができないため、胃腸に負担をかけ続けてしまうことになります。

胃腸に負担をかける

全身の健康に悪影響を与える

噛み合わせは全身の骨や筋肉と密接に関わっていることから、片頭痛や顎関節症、肩こり、腰痛などの原因となる場合もあります。

全身の健康に悪影響を与える

矯正治療で不正咬合を改善することで、不正咬合が原因のさまざまな問題を解決し、お口と全身を健康な状態へ導くことができます。より健康で豊かな生活を送るためにも、不正咬合が気になる場合はお早めにご相談ください。

矯正治療の医院の選び方

矯正治療の医院の選び方

心から納得できる矯正治療を受けるためには、患者さまに合った良質な治療を受けられる医院を選ぶことが大切です。
矯正治療を受けられる医院には大きく分けて「一般的な歯科医院」「大学病院」「矯正歯科専門医院」の3種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
これを考慮したうえで、患者さまが安心して通える医院を選びましょう。

一般的な歯科医院

虫歯や歯周病などの一般的な歯科治療をメインとしている歯科医院でも、矯正歯科を標榜している場合は、矯正治療を受けることができます。

メリット
一般的な歯科医院では、矯正治療の前に必要な虫歯や歯周病の治療を受けたあと、同じ医院でスムーズに矯正治療を開始することができます。自宅近くの歯科医院を選べば、通いやすいというのも大きなメリットです。
デメリット
一般的な歯科医院の場合、矯正歯科の担当医は他医院や大学病院などから招いていて、常勤していないという場合があります。その場合は、診察日が決まった日しか選択できません。また、矯正治療は長期にわたる治療なので、途中で担当の矯正歯科医が代わる可能性があります。矯正歯科の専門医院よりも矯正治療の経験が少ない傾向にあるため、症例数を確認することが重要です。

大学病院

先端的医療の推進を目的とした医療施設で、治療の研究と医師・歯科医師の教育を行ないながら、
患者さまに専門的な治療を提供します。

メリット
口蓋裂や顎変形症など、一般的な矯正治療では改善できないようなケースでも、ほかの診療科からのサポートを得ながら、対応することができます。
また、手術を必要とするようなケースでも、設備や体制が整っているので安心です。
デメリット
受付窓口がほかの診療科と同じなので、診察までの待ち時間が長い傾向にあります。また、診療時間が短いので、予約も取りやすいとはいえません。
歯科医院での治療よりも情報がやや閉鎖的なので、治療の特徴がわかりづらい場合もあります。

矯正に特化した歯科医院

当院は、歯列矯正に特化して診療を行なっている歯科医院です。

メリット
矯正に特化した歯科医院は、基本的に矯正治療に精通した歯科医師が開業しています。矯正治療においてさまざまな症例を診て治療に携わってきたので、より患者さまに適した良質な治療を受けられる可能性が高くなります。また、担当医が常駐しているので診察の予約が取りやすく、矯正装置の破損などのアクシデントにもスムーズに対応してもらえます。
デメリット
虫歯や歯周病治療、抜歯などには対応していない場合が多く、矯正治療の前にそれらの治療が必要な場合は、別の医院で治療を受けることになります。

矯正治療は長期にわたる治療なので、担当医と信頼関係を築けるかどうかという点も大切です。できれば実際にカウンセリングを受けてみると良いでしょう。
当院では、ホームページをご覧いただいた方にカウンセリングを無料で行なっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

年代別での治療比較

年代別での治療比較

歯並びの状態だけでなく、矯正治療をはじめる年代によっても治療内容や治療期間、使用する装置は変わってきます。当院では、患者さま一人ひとりの年代とお口の状態により適した治療法をご提案します。

小学生の矯正治療

治療の特徴
歯並びの状態だけでなく、矯正治療をはじめる年代によっても治療内容や治療期間、使用する装置は変わってきます。当院では、患者さま一人ひとりの年代とお口の状態により適した治療法をご提案します。
矯正装置
低学年の患者さまにはおもに床矯正装置を用いて、顎を拡大したり、顎の成長を誘導したりします。高学年の患者さまにはおもにバイオネーター、ヘッドギアやマウスピース型の装置などを用いて大人の矯正治療の準備を行ないます。
治療期間
歯を動かす治療期間は、平均して1年半ほどですが、小学校卒業ごろまで経過観察の期間が必要となりますので、通院期間はやや長くなります。
通院頻度
歯を動かす治療期間は基本的に1〜2ヵ月に1回の頻度でご来院いただきます。その後の経過観察期間では、通院頻度は年に2〜3回となります。

10代前半の矯正治療

治療の特徴
10代の成長力と骨の柔軟性を利用することで、歯列の乱れの原因となる骨格の状態を改善しながら、スピーディーに歯並びを整えることができます。また、抜歯を回避できる可能性が高くなります。
矯正装置
大人の矯正治療と同じブラケットとワイヤーによる矯正装置で歯並びを整えます。10代は多感な時期なので、歯の表側に装置をつける治療でも、白く目立たない装置を使用して、治療中のストレスを軽減します。
治療期間
成長期に行なう治療ですので、新陳代謝がよく歯も動きやすいため、個人差はありますが、小学生や大人の矯正治療よりも短期間で治療を終えられることが多く見られます。
通院頻度
歯を動かす治療期間は基本的に1ヵ月に一回ご来院いただきます。その後の歯並びを安定させる保定期間では、通院頻度は年に1〜2回となります。

大人の矯正治療

治療の特徴
大人の矯正は子どもの矯正のように顎骨の成長力は利用できませんが、現在の気になる部分にフォーカスし、患者さまにより合った矯正装置による治療をご提案します。
矯正装置
スタンダートな表側矯正装置だけでなく、透明なマウスピース型矯正装置や、見えにくい舌側矯正装置など、さまざまな矯正装置から患者さまに合ったものをご提案します。
治療期間
顎の成長が完了した大人の治療でも、当院では、少ない力・少ない摩擦で歯を早く動かすことのできる矯正装置を使用することで、治療期間を短くすることができます。
通院頻度
歯を動かす治療期間は基本的に1ヵ月に1回ご来院いただきます。なお、マウスピース型矯正装置による治療の場合は2ヵ月に1回のご来院となります。保定期間では、通院頻度は年に1〜2回となります。

当院の矯正治療の種類

当院の矯正治療の種類

当院では、さまざまな種類の矯正治療に対応しており、患者さまの歯並びの状態やご要望に合わせて、より患者さまに合った治療法をご提案します。

表側矯正

表側矯正

ブラケットとよばれる矯正装置を歯の表面に接着してワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させる治療法です。治療実績が多く、幅広い症例と年齢に適応できます。
当院の表側矯正では、針金やゴムを使って強くブラケットとワイヤーを固定する一般的な矯正装置ではなく、「フルパッシブ矯正装置」というワイヤーをブラケットではさみ込むようにやさしく固定する装置を使用しています。
「フルパッシブ矯正装置」は、弱い力で少しずつ歯を移動させていくため、歯の移動による痛みや歯への負担を軽減します。また、歯の移動が効率的に行なうことができるため、一般的な矯正装置よりも早く歯を移動することができます。

舌側矯正

舌側矯正

舌側矯正は、一般的には歯の表側に装着するワイヤーとブラケットによる矯正装置を、歯の舌側(裏側)に装着して歯を移動させる治療法です。
リンガル矯正ともいいます。
歯の舌側に矯正装置を装着すると、ほとんど装置が見えることがないため、成人の方で装置の見た目が気になるという方におすすめです。
治療費は表側矯正よりも高額になりますが、お口の状態によっては目立つ上の歯だけが舌側で下の歯は表側矯正で治療するというハーフリンガルという方法で、費用を抑えることもできます。

マウスピース型矯正装置による治療

マウスピース型
矯正装置による治療

薄く透明なマウスピース型の矯正装置を装着することで、歯並びを改善する治療法です。透明なので装着していても目立たないだけでなく、装置を装着時の違和感や痛みも少ないため、装置による治療中のストレスを軽減できます。また、食事の際には矯正装置を取り外すことができるため、装置に食べ物が挟まるような心配がなく、治療前と同じように食事を楽しむことができます。

矯正歯科Q&A

矯正治療のために抜歯する必要があるというのは本当ですか?
必ずしも抜歯を要するというわけではありません。当院では、できる限り大切な歯を抜かずに歯並びを整えられる治療を検討します。ただし、お口の状態によっては抜歯をして歯を移動するためのスペースを確保することで、より美しく健康な歯並びにできる場合もありますので、その場合はきちんとその理由についてご説明させていただきます。
また、子どもの時期から矯正治療を始めると、顎の成長をコントロールしながら歯並びを整えることができるため、抜歯を回避できる可能性が高まります。
子どもの歯並びが気になります。治療はいつ開始すればよいですか?
お子さまの矯正治療を開始する適切なタイミングは、お口の状態によって異なります。まずは精密検査によってお口の状態をできる限り精確に把握したうえで、診断させていただきます。適切な時期を逃すことなく治療を始めるためにも、お子さまの歯並びが気になったら、お早めにご相談ください。
治療中に痛みを感じることはありますか?
個人差がありますが、矯正装置を装着した直後や、治療中に矯正装置を調整した直後は、数日間痛みを感じることがあります。治療が進むと痛みを感じることは減少し、気にならなくなることがほとんどです。
当院では、矯正治療による患者さまのストレスをできるかぎり軽減するため、弱い力で歯を動かしていくフルパッシブ矯正装置やマウスピース型装置などの痛みを抑えた矯正装置での治療を行なっています。
マウスピース型矯正装置による治療は、どうやって歯が動くの?
マウスピース型の矯正装置は弾力のあるプラスチック製です。そのプラスチックの弾力によって歯に小さな力を加え続けることで、歯を動かしていくことができます。矯正装置は2~3週間ごとにつけかえることで、段階的に歯並びを整えていきます。
治療費のほかに通院費もかかりますか?
当院では、治療開始前にお支払い総額を提示する「総額固定料金(トータルフィーシステム)」を採用しています。
当初にご提示した治療費用以外に、お支払いが増えることはございませんので不安なく治療を受けていただくことができます。
矯正治療は医療費控除の対象になりますか?
お子さまの矯正治療や、咀嚼・発音障害の改善などが目的の矯正治療は医療費控除の対象となりますが、美容や見た目の改善が目的の矯正治療は医療費控除の対象とはなりません。医療控除を受けるためには、歯科医院にて「噛み合わせが悪く、機能的な問題があるので矯正治療を必要とする」といった内容の診断書をもらい、確定申告で提出する必要があります。

Contents

Orthodontic Contents

初診専用フリーダイヤル 0120-50-8241
【所在地】
東京都豊島区南池袋3-15-10 桐生ビル2F
※当院は2Fです。1Fは美容院です。
【電話番号】
初診専用フリーダイヤル 0120-50-8241
【診療時間】
月~水・金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
土 9:00~13:00 / 14:00~17:30
日 9:00~13:00
【休診日】
木曜、祝日
※ 不定休:日曜、月曜