透明なマウスピース矯正|東京都豊島区南池袋で矯正歯科を行なう歯医者 池袋まるやま矯正歯科

透明なマウスピース矯正|東京都豊島区南池袋で矯正歯科を行なう歯医者 池袋まるやま矯正歯科

初診専用フリーダイヤル0120-50-8241 TEL 03-5927-8241
03-5927-8241
カウンセリング TEL MENU

Mouthpiece 透明なマウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

透明なマウスピース型の矯正装置を装着することで、歯並びを改善する治療法です。
マウスピース型の矯正装置は、透明なプラスチックでできているため、装着していてもほとんど目立たず、装着時の違和感もほとんどありません。また、マウスピース型の矯正装置は薄いだけでなくやわらかく、その弾力を利用して弱い力で少しずつ歯を動かしていくため、歯にかかる負担が少なく、歯の移動による痛みを最小限に抑えることができます。

「目立たない」「痛みや違和感が少ない」に加えて、矯正装置は食事の際には取り外せるため、治療中も快適に過ごせる矯正治療として人気です。
ただし、患者さまのお口の状態によっては適していない場合もあります。初診カウンセリングにてマウスピース型矯正装置による治療が可能かどうか診断することができますので、お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正の特徴

デジタルスキャナーを使った精密な矯正装置

当院のマウスピース型矯正装置による治療では、一般的にはシリコン製の印象材を使って行なう歯型取りを、デジタルスキャナーを使って行ないます。
デジタルスキャナーは、特殊な光を歯に照射して撮影することで、歯の形状や歯列の状態をデジタルデータとして取得することができます。このデータをもとにコンピューター上で治療計画を立て、矯正装置を設計することで、変形のない精密な矯正装置を作製することができます。

デジタルスキャナーを使った精密な矯正装置

矯正装置は約2週間ごとにつけ替える

マウスピース型矯正装置による治療では、約2週間ごとに次の段階の装置につけ替えることで、少しずつ歯を動かしていきます。治療完了までに使用する装置の数は症例によって異なり、数が多いほど治療完了まで時間がかかりますが、平均して約1~2年ほどで歯並びが整います。
治療期間中はおよそ2ヵ月に1回の頻度でご来院いただき、矯正装置と歯の適合性やお口の状態を確認し、次の段階の矯正装置をお渡しします。

矯正装置は約2週間ごとにつけ替える

患者さまの自己管理が重要

マウスピース型矯正装置は、歯をしっかりと動かすために1日20時間以上は装着していただく必要があります。
これができていないと、治療計画通りに歯が動かず、目標としていた治療結果になかなか到達できない可能性があります。
できるだけ短い期間できれいな歯並びを手に入れるためにも、患者さまにご協力いただくことが非常に大切です。

患者さまの自己管理が重要

マウスピース矯正のメリット

矯正装置が透明で目立たない

矯正装置が透明で
目立たない

マウスピース型矯正装置は透明な薄いプラスチック製なので、装着していても見た目ではほとんど分かりません。そのため、治療中の見た目が気になる方や営業職や接客業などお仕事で人前にでる機会が多い方、周囲の方に気付かれることなく歯並びを整えたい方におすすめです。

痛みや違和感が少ない

痛みや違和感が
少ない

やわらかいプラスチックの弾力を利用し、過度な力をかけることなく歯を動かしていくため、治療中の痛みを軽減することができます。
また、マウスピース型矯正装置は、軟らかいだけでなく薄いため、装着していても違和感が少なく、唇や口内の粘膜を傷付けるような心配もありません。

矯正装置を気にせずに食事ができる

矯正装置を気にせずに
食事ができる

ワイヤーを使用した矯正治療では、矯正装置の着色や破損を避けるために食べ物に注意する必要がありますが、マウスピース型矯正装置による治療では、食事の際には矯正装置を取り外すことができるので、治療前と同じように装置を気にせずに食事を楽しむことができます。

清掃しやすく、衛生的に保ちやすい

清掃しやすく、
衛生的に保ちやすい

マウスピース型矯正装置は歯磨きの際にも取り外せるので、装置を気にすることなく、今歯をすみずみまでしっかりと磨くことができます。
また、マウスピース型矯正装置自体も取り外して清掃できますので、歯と装置の両方を衛生的に保ちやすくなります。

通院回数が少ない

通院回数が少ない

表側矯正などワイヤーを使った矯正治療では、1ヵ月に1回の頻度で通院する必要がありますが、マウスピース型矯正装置による治療では、2ヵ月に1回の頻度での通院となります。通院回数が少ないため、お忙しい方や遠方からお越しの方の通院によるストレスを軽減することができます。

金属アレルギーでも治療できる

金属アレルギーでも
治療できる

矯正装置はプラスチック製で一切金属を使用しないため、金属アレルギーがある方でも矯正治療を受けることができます。金属アレルギーで矯正治療をあきらめていた方もぜひ一度ご相談ください。

治療の流れ

STEP1 デジタルスキャナーによる歯型取り

デジタルスキャナーを使って患者さまのお口の中を撮影し、歯の形状や歯列の状態をデータとして取得します。撮影時間はや約1分と短く、嘔吐反射の強い方もストレスなく歯型を取ることができます。

STEP1 デジタルスキャナーによる歯型取り

STEP2 シミュレーション・治療計画の立案

デジタルスキャナーで得た歯型のデータと、レントゲン写真・口腔内写真をもとに患者さまのお口を再現した3D画像をコンピューター上で作製し、その画像を使って専用のソフトにて歯の移動のシミュレーションを行ない、患者さまに適した治療計画を立案します。
治療計画と治療後の仕上がりについて患者さまにシミュレーション画像をご覧いただきながらご説明します。

STEP2 シミュレーション・治療計画の立案

STEP3 マウスピース型矯正装置の作製

治療計画について患者さまに充分にご納得いただいたら、治療計画のデータをもとにマウスピース型矯正装置(アライナー)を作製します。
デジタルスキャナーによる歯型取りを行なってから1ヵ月~1ヵ月半ほどでアライナーが完成します。

STEP3 マウスピース型矯正装置の作製

STEP4 アライナーの装着

治療中の虫歯や歯周病を予防するため、アライナーを装着する前に歯のクリーニングと歯磨き指導をいたします。
その後、アライナーの着脱方法をレクチャーし、患者さまに練習をしていただきます。
最初のアライナーを2週間装着していただいたあとは、患者さまご自身で次の段階のアライナーにつけ替えていただきます。

STEP4 アライナーの装着

STEP5 検診・クリーニング

治療中は2ヵ月に1度の頻度でご来院いただき、アライナーの適合性や歯並びの状態、お口の中の健康状態などを診察し、歯のクリーニングをします。
また、その際に次の段階のアライナーをお渡しします。

STEP5 検診・クリーニング

STEP6 治療完了

最後のアライナーを装着する前に噛み合わせと歯並びの状態を確認し、シミュレーション通りに歯が移動できている場合は、最後のアライナーを1~2ヵ月ほど装着して、治療が完了します。
ケースによっては微調整が必要となり、追加のアライナーを装着していただくこともあります。

STEP6 治療完了

STEP7 保定

治療が完了した後でも、しばらくは歯が元の位置に戻ろうとするため、それを防ぐために保定装置(リテーナー)を装着していただきます。
また、治療後も数ヶ月から半年に一回ほどメンテナンスにきていただき、歯並びのチェックやクリーニングを行なうことで、美しく健康な歯を維持することができます。

STEP7 保定

Contents

Orthodontic Contents

初診専用フリーダイヤル 0120-50-8241
【所在地】
東京都豊島区南池袋3-15-10 桐生ビル2F
※当院は2Fです。1Fは美容院です。
【電話番号】
初診専用フリーダイヤル 0120-50-8241
【診療時間】
月~水・金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
土 9:00~13:00 / 14:00~17:30
日 9:00~13:00
【休診日】
木曜、祝日
※ 不定休:日曜、月曜